丹波市 虫歯治療を始め、インプラント、口臭、歯並び、口腔外科、顎関節症、入れ歯、歯周病、矯正などのご相談はわく歯科へ

丹波市 歯科 わく歯科 インプラント

完全予約制0795-82-1128 / FAX:0795-82-5738
  • 診療時間
    9:00~12:00/14:00~19:00(土曜は17:00)
  • 休診日
    木、日曜、祝日
インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット・デメリット

メリットアイコン
  • 自分の歯を削ったり、支えを求めたりする必要がなく、残った歯への負担が少ない
  • 入れ歯などと違い取り外したりせず、非常に違和感が少ない
  • 用途に応じて、様々な使い方ができる
  •  1.自分の歯の代わりとして
      (より快適に、美しく仕上がる)
  •  2.入れ歯を固定する土台として
      (本数が少なくてすむうえ、入れ歯が固定され動かなくなる)
  •  3.矯正治療の固定源として
      (矯正の治療期間がかなり早くなる)
  • 自分の歯に近く、物が噛めるようになるため、これまで食べられなかった物が咀嚼できるようになり、食事が楽しくなる
  • 見た目が自分の歯に近くできるため、人前で楽しく会話したり笑顔に自信を持てる
  • 歯を失うとその部分の骨が痩せるが、インプラントの咀嚼の刺激で骨の減量が少なくなる
  • 長期間安定した噛み合わせを保つことが可能になる
  • 良く噛めるようになると脳への血流が増え、学習機能が向上することがある
  • 万が一駄目になっても、その部分だけのやり直しが可能
  • インプラントは絶対虫歯にはならず、虫歯のリスクが高い人には最適
デメリット
  • 治療時間が長時間掛かる
  • 手術のため、全身状態や病気によっては適応外のこともある
  • 健康保険が一切適応とならず、一般の治療に比べ費用がかかる
  • 高額治療ではあるが、一生保つとは言えない(インプラントの歴史そのものが50年経っていない)
  • 天然歯のように歯根膜がないため、きわめて微妙な食感は感じない
  • 重度の歯周病の方は、そのリスクコントロール(歯周ポケットの機械的清掃や除菌療法など)をしてからでないと、インプラントも歯周病に罹患する危険性が高い
  • 噛める力が強いため、稀に噛み合わせる歯に負担が大きくなる
  • 歯軋りや食いしばりなどが強い人は、夜間に歯を守るマウスピースなどを装着しないと、インプラントにも大きな負担がかかる
  • ブラッシングなど家庭内や医院での定期メンテナンスが絶対に必要
    (通常、最低半年に1回メンテナンスのためチェックを専門家が行います)
メリットアイコン
部分入れ歯のメリット・デメリット
メリット
  • 短期間(数年)使用でみた場合、咀嚼機能をある程度回復可能(天然歯の1/3)
  • 短期間で咀嚼機能回復が可能
  • 健康保険が使える
デメリット
  • 入れ歯を支える骨や歯に負担が掛かり、喪失を招きやすい
  • 骨が痩せたり支える歯が虫歯になったりして、数年毎作り変えか、調整が必要
  • 適切な噛みあわせであっても磨り減るため長期間同じ噛みあわせは維持できない
  • 取り外しのため、違和感を感じやすい
ブリッジのメリット・デメリット
メリット
  • 審美的に回復することができる
  • 歯根膜のある歯をつなぐため、食感を感じやすく、自分の歯と同じように咀嚼することができる
  • 歯周病のように動く歯でも、連結することで歯列の安定したつながりを回復することができる
  • 健康保険が使える
デメリット
  • 土台となる歯がしっかりしていないと、適応できないこともある
  • 多くの歯がないときには、適応できない
  • 土台となる歯を削る必要があり、歯の寿命が短くなる
  • 土台の歯に失った歯の負担が余計に掛かることで、その土台を失う危険性が高くなる
  • 清掃性が難しくなる
  • 審美的なセラミックのブリッジなどは、保険では出来ないため高額になる
  • 自分では気づかないうちに、問題が大きくなっていることが多い
移植治療のメリット・デメリット
メリット
  • 骨の成長期の若年者に用いることができる
  • 他の歯の条件を気にしないで治療が可能
  • 術後の歯の矯正や、生理的に萌出(ほうしゅつ:歯が口腔内に出ること)が可能
  • 臼歯部の審美性を与えやすい。カントゥアー(被せ物のふくらみ方)に無理がない
  • 歯根膜(しこんまく)に骨誘導能(こつゆうどうのう:骨を再生すること)があるため、骨の質を選ばずに元の骨の再生が可能
  • 世界でトップクラスの技術
デメリット
  • 手術方式に基準がない
  • 移殖をする歯の根の状態が、抜歯をするまで分からない
  • 元々自分の歯なので、虫歯になる危険にさらされる
  • 成功しているかどうかの診断に時間がかかる